腱鞘炎の回復を助ける龍村式指ヨガ①

お立ち寄りに感謝致します。


ふくヨガの福元朗です。



ヨガ教師・龍村式指ヨガマスターの福元がお伝えする指ヨガ動画解説、リクエストがありましたので腱鞘炎に関する指ヨガをご紹介いたします。お役にたつようでしたら、ひとつの方法としてご活用ください。



毎回お伝えしていますが、ヨガは瞑想です。感覚の観察をしっかり行いながら取り組みましょう。




【腱鞘炎の症状緩和を助ける龍村式指ヨガ】



jpeg - 手のひら図 スペイン語.jpg
↑スペイン語表記です。アルゼンチン・ブラジルの沖ヨガ仲間が来た際に、この図で解説しました。



<ポイント>


●人差し指と薬指の第1関節が手首に相応します。

●手の関連部位は、第1関節から指先の範囲にあります。

●手首周辺をほぐすことは回復を助けます(動禅整体の永井幹人師より、腱鞘炎の整体を教わった経験から)。
●第1関節が徐々に動かしやすくなっていくのを観じてください。

●程よい刺激はどういうものかをじっくり探り必要な刺激を与えて下さい。あるいは与えないよう判断してください。







指ヨガに取り組む際の基本ルール
●息を吐きながら
●刺激や感覚に意識を集中して関連部位に働きかけ、
●刺激後に起こってくる反応や内的エネルギーをよくよく感じ・観じること
刺激の具合や回数は人それぞれです。

自己発見法・自己修正法・瞑想法として取り組みます。



ひとりひとりが違った個性を持っています。『一人一ヨガ』―その人にとってのヨガがあるのです。それは他の誰でもなく、自分自身の内側に答えがあります。
『一人一ヨガ』を楽しみ、生命の働きを観じましょう!!!
その他の指ヨガ動画解説⇒こちら




この記事へのコメント

プロフィール

福元 朗 Akira FUKUMOTO
ヨガ教師、動禅式療術師
福元について
http://afukumoto-holistic-health-inst.jimdo.com/about-akira-fukumoto/
20141215_114519000_iOS.jpg