アサナ(ポーズ)は『祈り』

沖ヨガには『生活行持集』というのがあり、そこにヨガのエッセンスが詰まっている。



その『生活行持集』に『「誓い」と「願い」と「祈り」』の項目がある

「祈りとは、神を見、神を知り、神を感じるために行うものです…」とある。


そして、『祈り行法の誓い』の項目にはこうある。

「私たちは、生命は自然であり、自然とはバランスであり、バランスが道であることを、自覚させていただきました。神とは生命であることを知りました。神の道に従うとは、自然法則に従うことであることを、自覚いたしました…」

アサナ(ポーズ)中にしていることは、生起する感覚や内部感覚の観察を通じて自然法則の現われである生命法則を観じることだ。

つまり、神を見ること、神に遭遇することだ。

だから、アサナ(ポーズ)は体操や運動ではなく『祈り』である。



沢山のアサナ(ポーズ)がある。

そしてそのアサナ(ポーズ)にはたくさんの生理的心理的効果がある。

けれど、その本質は、神に遭遇する『祈り』の表現の派生形であると言えるのかもしれない。


『祈り行法の誓い』はこう締めくくっている。

「神を知った私は、一切のことを神の教えとして、学び行じさせていただきます」

すでに自分の内に自然法則はある。『生命(法則)』という名の自然(法則)に、もう一度「真理とは何なのか?」を聴き直す。

凡人の私は何度も聴き直す。そうやって、すでにある神への道(私の神の道は、おそらくたくさんの雑草や茨であふれている)を再び拓いていく。


私にとってのアサナ(ポーズ)は、どうやらそういうものみたいだ。



というつぶやきです。



BA40AD53-21FF-4610-B890-A4D1DBCF84A0.jpg
posted by fukuyoga at 23:28Comment(0)沖ヨガ

毎年恒例のスイカ

20160824192017832.jpg


今日のふくヨガ秦野、お昼クラスの生徒さんが毎年恒例のスイカを差し入れしてくださいました。

ご自身の畑でつくったものです。


おかげ様で蘇りました。ありがとうございます、ごちそうさまでした。


2016/08/23(火)ふくヨガ文京区お昼クラス〜呼吸体操〜

お立ち寄りありがとうございます。

ふくヨガの福元朗です。


今日は娘の保育園送り迎え(私は基本的に抱っこです)や、その他の移動で「いったいどれだけ汗をかいたのだろう?」というくらい汗をかきました。

うっかりしていると滴り落ちていましたね。

さて、今日のテーマ
​⚫︎呼吸体操

​沖ヨガでおなじみの呼吸力開発ポーズです。『体操』と名前がありますが、当然ポーズとして感覚の観察として取り組むのは言うまでもなし。

DE8FE8CE-5C24-4ED6-84AD-75110B80F903.jpg

呼吸体操は4種類やりました。

立ち方や意識の持っていき方、そこに含まれる陰陽のエネルギー、力を抜くところなどを実習観察。

難しいところもあったようですが、色々と体感的にも知的にも理解されたようで良かったです。生命感覚が色々と教えてくれたと思います。



珍しくポーズの後に指ヨガを15分ほど解説実習しました。通常のヨガクラスで私が指ヨガをやることは滅多にないです。

関節のトラブルなどが緩和されたようなので、ぜひ日常で継続していただければと思います。そして、身近な方々へ広めてください!



感覚の観察は意識的な働きであり認知です。これは瞑想的な取り組みでもあります。

今を生きることが大原則ですが、たとえば10年後を考えた時、意識的な働き=認知=瞑想的な取り組みをするのと、指導者の言う通りに単に体操的に取り組んで健康維持するのとでは、どちらが総合的に自他にとってよいでしょうか?


ヨガ=冥想です。

これをもっと探求し、生活レベルに役立つ表現でお伝えできるようもっと精進していきます。



プロフィール

福元 朗 Akira FUKUMOTO
ヨガ教師、動禅式療術師
福元について
http://afukumoto-holistic-health-inst.jimdo.com/about-akira-fukumoto/
20141215_114519000_iOS.jpg